一歩ずつ

少し前にご質問を頂きました。

「細かい部分、文字の彫り方を教えて下さい」

ゴム版を彫るのに、特別な技法・技巧的なものは無いと考えてるので、

どうやって説明しようか、すご~く悩みました。






b0183538_2141572.jpg


例えば文字でも何でもいいのですが、彫り始めは

b0183538_2144490.jpg


角の尖った所から刃を入れ

b0183538_2154935.jpg


ひたすらトレースした線を忠実に追いかけます。

刃で辿りやすいように、トレースは出来るだけキレイに仕上げ、転写でズレないように写します。

刃も新しい物だと、柔らかく彫れるので、気になったら替えておきましょね^^♪

b0183538_2174085.jpg


eのクルっと回った中の部分をくり抜いている所です。

この時は、刃先を軽く当てて、でもしっかりと刃を入れている感触を持ちながら

ゴム版を回して彫ります。


b0183538_220153.jpg


くり抜いたeの中はこの位の大きさ、鼻息で飛びます。

もしくは吸い込みそうです(´゚艸゚)

b0183538_2214254.jpg


こういう小さい丸は彫らなくても、針で穴を開けてもいいと思います。

私はカッターを持ち替えるのがメンドクサイので、この方法です。

うまく説明出来なくて申し訳ないのですが、ゴム版を彫る時は、

ただひたすらに線を追いかけるだけなのです。



細かい部分と彫りやすいと感じる広い部分は、どう違うのでしょう?

例えば、平均台の上を歩くのと、広場を歩く時の違いを想像してみると

平均台、綱渡り、断崖を歩くと思うと足がすくみますが、

公園のど真ん中だと思うと何も問題ありません。

歩幅も、足の大きさも変わらないのに、感じ方が違うだけです。


最初から細かい模様や文字にこだわらず、直線や円、らせん、渦巻き、色んな線から始め

徐々に彫りたいものへ進めると、いつの間にか彫れるようになってる、と思います。

練習しているうちに、平均台を普通に歩けるようになっていく、そんな感じに似てる気がします。

細かいものを彫るのが目的ではなく、彫りたいものを彫れるようになるのが目標である方が

楽しい気持ちで彫れるのかな?と思ってます。



でも失敗しちゃうかも ( p_q)

自分には出来なくて、楽しくなくなっちゃうかも ( p_q)えぐっ

という皆様!

勇気の出る画像ですよ~~~~!

  ↓

        ↓

               ↓

                         ↓↓↓

                          
b0183538_2443181.jpg


w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

私がゴム版を始めた頃の秘蔵映像ですっ

はい、そこっ!笑うトコですよ~(笑)



b0183538_2452336.jpg



ブログでどう彫るかをうまく伝えることは難しいのですが、

ちょっと勇気が湧いたらいいな♪と載せました(^^ゞ

最後までお読み頂いてありがとうございます(^^)(_ _*)
[PR]

  by blanc__et__noir | 2010-02-28 02:50 | ゴム版はんこの作り方

<< No.296 quill 感謝と消しゴムチューリップ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE