No.191 Camera

b0183538_017929.jpg



ゴム版はんこを作る工程は



1.万年筆、または鉛筆で下絵を描く

2.その上にトレーシングペーパーを置いて、鉛筆でトレースする

3.彫る

4.捺す

例えばこのカメラのようにモデルさんがいれば

厳密に描き込むか、イメージを描くかのどちらかになる訳だけど

”大事な線”だけで描くという、ハイレベルな方がいらっしゃる。

無駄を省いて、でも確かにソレに見える、

という絵は、単純でいて、心揺れる感動をくれる。

ジョン・レノンの絵などは、単純な線の組み合わせで、確かにオノ・ヨーコだなと伝えてくる。

すごいな、それって、すごいよね





b0183538_0262890.jpg



今日、素晴らしく気に入ったものを買った。

中央に横たわる金の玉の付いた棒(え?(笑)

絵筆とこれを一緒に持って、丸い玉を窪みの付いた定規にあてがうと

すーーっと真っ直ぐな線が引けるらしい、絵筆のガイドさん。

画材屋さんでは、ガラス製とこの木製棒付金玉(音読推奨)と2種類あって

お店のお姉さんに、

「強度は?ゴリゴリ擦ったら折れちゃうかな?」

と興奮しつつ質問。

会話が何だか変態っぽい`;:゛;`;・(゜ε゜ )ぷぷぷっ

お姉さんは”正しい使い方”に基づいて説明してくれたのだけど、

私はトレースした下絵をゴム版に転写するのに丁度いいだろうと

的外れに喜び、二人は全然違う事で

えへへ~

と笑って、折れなさそうなこちらを購入しました。

見て下さい、こんなチョウドイイものが、105円ですよ♪

特大ゴム版も買いました~ららるら~♪
[PR]

  by blanc__et__noir | 2009-07-18 00:45 | ゴム版

<< 汝、その女を許すまじ No.190 ゆらり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE